進教研

藤沢本町 進教研|現代文のページ

現代文タイトル画像

現代文

現代文の授業とは「読解力」の養成である

なぜ現代文という科目が入試で出てくるのか?

「現代文の勉強の仕方がよくわからない……」といった質問は毎年おなじみのフレーズといっていいものですが、それは現代文というものを正確に把握していない人の言葉といえます。

現代文の授業とは「読解力」の養成である、と進教研は捉えています。

「読解力」とは何か

では「読解力」とは何でしょうか。 文字通り文章を「読み解く力」です。

では文章とは何でしょうか。

文章とは意見・主張を文章という媒介によって表現されたものです。

つまり「読解力」とは人の意見・主張を理解する力なのです。

入試で必ず問われる「読解力」

実はこの「読解力」は他の教科書の学習にも大きな影響力を持っています。 英語、世界史、物理、生物などの科目の基礎力を身につけるためには、教科書・参考書の文章を理解しなければ、一歩も前に進むことはできません。

また問題文の文章の内容や問いが何を聞いているのかを理解できなければ問題を解くことはできません。

「読解力」とは現代文だけではなく、他の科目にも求められるものであり、入試で必ず問われる力なのです。

当然、「読解力」は大学での勉強においても必須のものです。大学での勉強で本を読まずに進めることなど絶対にできません。

大学側は「うちの大学で勉強するならば、これくらいの文章が読み取れるくらいの読解力が最低条件だ」という意図を持っています。ですから、現代文は入試に使われるのです。

現代文の勉強の仕方

毎日新聞を読むことで「文章に慣れる」

「現代文は自力でなんとかなる」といったこともよくいわれます。

実際、どうなのかというと、それも可能です。

ただし、様々なジャンルの本を昔から大量に読みつづけているという条件があっての話ですが。

しかし、「活字離れ」の進んでいる昨今では、この条件を満たしている生徒はほとんどいません。

それではどうすればいいのでしょうか。

現代文には文章に対する慣れというものが必須の条件です。 まずは新聞を毎日読むということを習慣づけることです。

新聞には文章というものに慣れるためと、一つのテーマについて長々と書いてある本では途中で投げ出してしまいがちですが、新聞なら短くまとめられていて短い時間で読めてしまうという利点があるのです。

また、新聞の記事は「時代性」を映し出す鏡です。 入試ででてくる文章というのは、基本的に「今」を反映した文章です。

古い文章も出題されることがありますが、それは出題者側のなにかしら「今」に通ずるものがあるという判断のもとに行われているのです。

「今」、なにが起こっており、なにが問われているのか、ということを知る上で新聞はとても便利なのです。

さらに「文章を吟味する力」が必要

しかし新聞を読むだけでは入試、その後の大学での勉強に必要な読解力は養われません。

入試・大学での勉強で読む文章は新聞よりもはるかに難しいものなのです。

入試に出題されるような難しい文章は「文の吟味」をしっかりやらなければ読み取ることはできません。こういった文章は構造が複雑な上、普段見かけない抽象的な言葉や専門的な用語が使われるため、一文一文しっかり吟味して読んでいくという訓練が必要となってくるのです。

進教研の現代文

文章をしっかり理解することを第一の目的とする

現代文の授業では、まず文章をしっかり理解することを第一の目的とします。

テキストは新旧問わず社会・文化に関する文章を扱います。古い文章も扱うのは文をしっかり吟味するという訓練を行うためです。

文章を読むだけではなにも頭に入らないということがあるので、便宜上、授業で問題を解きますが、あくまで文章を理解することが大事であることを忘れてはなりません。

新聞は各自、毎日、授業時間以外に読んでもらうようにしています。 現代文を学ぶ意義というものをしっかりと考えた上で、受講していただければ幸いです。

▲TOPへ戻る